女性ならではの視点を大切に。

沼田 美穂 アラジン須賀川店

誌面から伝わる会社の雰囲気、私もその一人へ!

働くなら人間関係の良い職場が希望でした。長く勤めたいと考えていましたので、社内の雰囲気が伝わるような求人情報を探していたように思います。そんななかアラジンの求人の掲載を見つけた時はすぐに「ここだ!」と感じさせるものがありました。常々からインパクトのあるCMで会社の認知度も高かったですし、女性の私でも働きやすそうな雰囲気も魅力的でした。頑張り次第でステップアップが可能なことも、若手の私には希望のもてるものでした。
全くの未経験での入社でしたが、接客からはじまりカウンター、ホールメンテナンス業務と少しずつ自分の出来る仕事の幅を広げていきました。様々な年代のお客さまや、先輩スタッフと触れ合うことでコミュニケーション力も自然と身につき、いまではすでに11年のキャリアとなりました。

いつか提案もできるようなスーパー班長になることが目標。

はじめのころは右も左も分からず、先輩についてメモを取ってまとめる日々。自分から積極的に聞くと、どんどん教えてくださる先輩スタッフに囲まれ、安心して仕事に取り組めるようになりました。やはりホールに立つ自分がちゃんとした知識を持たないと、迷惑をかけてしまうのはお客さま。サービスを提供する社会人としての自覚が芽生え、店舗内とのスタッフとのコミュニケーションも積極的にとるようになりました。仕事仲間とはいえ仲良しグループではありません。みんなが適度な緊張感を持って、この店舗を良くして行こうという雰囲気こそがアラジンです。求人情報に掲載されていた通り人間関係に恵まれた会社だと実感しています。入社11年となり班長に昇格した現在、店舗のさまざまな管理が主な仕事となりました。責任ある仕事が増えましたが、「気配り、心配り」を忘れずに接客をしていきたいと思っています。そしていつかその目線を大切にしながら、女性ならではの提案をすること、今後もっと女性班長を増やせるような職場になることが私の夢です。

「孫みたいに思っているよ」にジーン。

ホールに立っていると、お年寄りからお父さん世代まで本当にさまざなお客さまがいらっしゃいます。来店されるお客様には、いつも元気で笑顔でお出迎えしようと心がけています。ちょっと元気がないように見えるお客さまも「いらっしゃいませ、いつもありがとうございます!」とお声がけすると、「ありがとうね」とか何かしらお返事を頂けることが多いんです。
そんなある日、いつもきていただく常連のおばあちゃんに挨拶したところ「孫みたいに思っているよ」と言っていただきました。お孫さんに会ったことはないのですが、確かに私の祖母と同じくらいのお年頃。
きっとホールで見掛けた私を、お孫さんに照らし合わせてくれたんだな、とあったかい気持ちになりました。もっと一生懸命働いて、おばあちゃんを喜ばせてあげたい気持ちになった出来事です。

とある一日のスケジュール(早番シフト)

ページの先頭へ戻る